• ホーム
  • アンカーテキストを最適化しよう

アンカーテキストを最適化しよう

アンカーテキストは他のウェブサイトに、テキストリンクを表示させる文章のことです。このようなリンク先を記述することで、コンテンツには具体的な内部リンクが生成されることがポイントです。ユーザビリティが内部リンクをクリックするかどうかを判別し、リンク先の内容を把握させるための文章になります。
この観点からリンク先の内容が、一度見ただけでわかるような簡潔な文章を記述していくことが大切です。アンカーテキストの内容やリンク先の内容を一致させることは、最低限注意するべきところでもあり、リンク先の内容をしっかりと意識しておくことがSEOの観点からも得策です。
このテキストリンクを見るのはユーザビリティだけではなく検索エンジンでのクローラーも、リンク先の内容を熟知しています。これはSEO対策での内部リンクに通ずるものがあり、とても重要な要素になっているのです。検索エンジンにはクローラーと呼ばれているプログラムがウェブサイト上を回遊しており、画像リンクやタイトルなどで構築されているリンクを通しています。

クローラーはリンク先の内容を熟知するために、画像リンクを利用することもありますが、リンク先の内容と一致していれば正しく認識するシステムです。それによって評価もしてくれますし、タイトルやキーワードのページが重要なテーマになります。これを認識することでキーワードでの検索順位も向上させますし、SEOの内部対策に置いても大切な要素となっています。

リンクは大きく分けることができますが、他のウェブサイトであれば外部リンクと呼ばれます。そしてリンクが自分のサイトの他のページであることも関係していて、これは内部リンクと呼んでいます。検索エンジンがこれを見て内容を把握しているとすれば、内部リンクは自分のサイトのSEO評価に大きな影響を与えていると言えます。
他人が読んでわかりやすいというコンテンツを、高く評価する傾向にあるためユーザーに対してもリンクの内容を簡潔にまとめた文章が必要です。内容が簡潔で具体的である必要もあり、ここをクリックなどというような内容が記述されていないテキストは避けるようにします。

内容を簡潔に記述することはSEO対策でキーワードを利用して、情報の濃さを高めることにもあります。キーワードを逆にいれすぎると、リンクの内容が分かりづらくなるので逆効果になります。それによって検索エンジンのクローラーの評価も下がる可能性があります。

関連記事