• ホーム
  • サテライトサイトからの被リンクは絶対NG?

サテライトサイトからの被リンクは絶対NG?

パソコンとスマホ

サテライトサイトはSEOや閲覧者を流入させるために、他のサイトを立ち上げそのサイトのことを言います。メインサイトとの関連を明確に示していないことや、あえて隠しているものを特にサテライトと呼んでいることが多いです。
これはGoogleの品質に関するガイドラインに反する可能性がありますが、実際には多くのサイトが行なっています。
メインサイトと関連付けてあり、サブサイトであることがわかる場合はサテライトとは呼ばれません。この目的としてはメインサイトの被リンクを増やすことで、検索順位や外部対策・被リンクの数の多さが関わります。Googleが被リンクを

サイトに対しての支持票とみなしていることから、IP分散の可能性も出てきます。被リンクが多いということで自動ペナルティや手動ペナルティの確率が高くなり、SEOでの被リンク対策の基礎になります。サテライトを作りメインサイトに外部対策を行うことで、自力でメインサイトのリンク数や流入を増やすことができます。
IP分散の効果もあり、今まではリンク数だけがコンテンツの指標になっていたこともあり、この方法は効果的として知られていました。現在はリンクの数はもちろんですがその質も重要視されています。自動ペナルティや手動ペナルティを受けないようにするためには、被リンク元のサイトコンテンツの質が評価指標として取り上げられるようになりました。

品質に関するガイドラインにも変化があるため、サイトコンテンツの質が評価指標として加わります。これによって形だけに頼るサテライトサイトをたくさん作って、そこからメインサイトにリンクを貼っても効果が期待できません。自動ペナルティを簡単に受けるデメリットだけが残ります。
未だに良質なサイトからの被リンクはSEOの観点から見ると、大きな効果があり、リンクの評価指数がなくなった訳ではありません。形だけのサテライトを使用して、被リンクを無闇に増やすことはペナルティを受けやすくなりあまりメリットがありません。
検索エンジンのアルゴリズムをすり抜けて、検索結果表示順位を防いで上げようとする手法なので手動ペナルティを受ける可能性が高いです。自然な被リンクを得ることに対して目標を置き、潜在顧客の流入をメインサイトで期待します。メインサイトには存在目的があり、掲載商品を知ってもらって購入につなげることです。
この掲載商品を後押しする情報を掲載したサテライトサイトを作ります。

関連記事
サイト内検索