• ホーム
  • 今でも中古ドメインはSEOに効果がある?

今でも中古ドメインはSEOに効果がある?

パソコンを使用する女性

オールドドメインのSEO効果はこれを利用することで、以前のサイトで使用していたときの評価を引き継いだ状態です。新規ドメインはこのような評価が全くなく、まっさらな状態なので新たな気持ちで使用することが可能になります。

中古ドメインの大きなデメリットとしては、以前のサイトの評価を引き継ぐ際良い評価であれば良いですが、中にはよくない運用歴があり悪い評価がついてしまっていることもあります。こういったときは自分のサイトにもそのような評価がつきますので、使用せずに他の中古ドメインを使用するか、思い切って新規ドメインを使用した方が良いです。
中古ドメインを使用していたことにより、クローラーに発見され手動ペナルティとしてサイトが削除される可能性もあります。一度使用されているドメインであれば、検索順位が初めから上昇しやすかったりペナルティをダイレクトに受けて順位が上がりにくいというデメリットが見られます。

中古ドメインのSEO効果には、大きなデメリットやメリットがあるので、以前のドメイン状況をしっかりと調べた上で運用に使っていくことが必要です。外部リンクやキーワードにて、検索結果に一位で表示されるには、対策が必要で目的を意識して行います。もし中古ドメインや被リンク効果にペナルティの可能性があるときは、検索エンジンにすでに記憶されていてクローラーによって発見されやすくなります。
インデックスや以前のサイトがとても有名なサイトで、たくさんの良質な被リンクがあれば良質なドメインである可能性が高いです。反対に以前のサイトがガイドライン違反となる場合、インデックスやSEOスパムが実施されてペナルティを受け入れていることで良いドメインからはかけ離れる可能性があります。

被リンクドメイン数や被リンクが多いということはドメインオーソリティが高いということになり、ペナルティを受けている履歴もないことが言えます。このような目的や状況を加味しながら、良質でありそうな中古ドメインでサイトを運用することに意味があります。
外部リンクは高いSEO効果を引き出すことができる大きなポイントです。

メリットはドメインの名前がサイトと関連付いたものは、ユーザビリティが高まっている可能性もあるのでSEO効果が大きく期待できます。中古ドメインで以前販売サイトを運営していた場合は、店舗名などの文字列がドメイン名に含まれていることがあります。これを検索エンジンやユーザーがサイトを探すときにわかりやすくなります。もし中古ドメインの運用歴でペナルティがあったかもしれない時、すでに購入してしまった場合はサイトがクリーンである旨をGoogleに伝えます。

関連記事