• ホーム
  • 初心者はロングテールSEOから攻めよう

初心者はロングテールSEOから攻めよう

ロングテールSEOはメインとなっているキーワード選定で、関連するものを組み合わせることにより検索順位が上位になることのハードルを下げることが可能です。ターゲットを絞ることにより、閲覧者に向けて訴えかける記事を量産することになります。
アクセス数を効率的に稼ぐコンテンツにより、全体から見てのアクセス数を獲得する方法もあります。ここで対策としてあげられることは、複合ワードとなり検索順位が上位でできたとしても検索ボリューム自体は少なくなります。記事ごとにアクセス数をグラフにすることで、テールのような状態になりサイトコンテンツ全てのページを表示することができます。

ロングテールSEOは戦略的に行うことで、メリットもたくさん得られます。細かいアクセスを集めるだけが目的ではなく、複合キーワードの上位表示担っていることは検索エンジンに評価されていることとも関係があります。評価されている記事からビッグワードやミドルワードなどの内部リンクを集めることにより、強いサイトになっていきます。
公開してすぐでもサイトを育てることができるのは、ロングテールSEOの効果が強く働いているからです。これで成功させるためには関連する複合キーワード選定していく必要があり、複合ワードについてはロングテールSEOのメリットともなります。

単語が多いビッグワードやミドルワードで対策をするには、ターゲットを明確に絞り込むことがポイントです。集客グラフにもあるように、コンバージョン率が高い傾向でビッグワードで集客しているページからが高くなります。コンバージョン率だけで集客を見積もるというアイデアもありますが、検索ボリュームが小さくなっているのでサイト全体でのアクセス数も必要になっています。
ビッグワードやロングテールなども対策する必要があり、これで集客できるようになると記事に内部リンクで誘導することが可能です。これでコンバージョン率を上げるという対策もできます。競合が少ないというのも大きなメリットで、ミドルワードの場合は検索ボリュームが多くなり競合も増える傾向にあります。

これによって検索順位も下がってくるので簡単ではありません。ロングテールSEOの場合は検索ボリュームが少ないですが、競合数も下がることが言えます。質の低いコンテンツはどのような状態でも受け入れられませんが、検索エンジンで上位表示する可能性も高くなっています。

関連記事