• ホーム
  • 日本語ドメインってSEOに効果ある?

日本語ドメインってSEOに効果ある?

日本語ドメインはURLやメールアドレスの一部分を日本語で表記することをさしています。今までドメインに使うことができる文字は英数字やハイフンのみとされていましたが、インターネットの普及によって国際化ドメインという技術が生み出された結果です。
非英語圏のユーザーが、それぞれの国の言語をドメイン名で使用することが可能になったシステムとなります。

国内では日本語ドメインの登録サービスが開始され、今では一般的となっています。たくさんのユーザーがこのような日本語を含めたドメイン・アドレスバーを使用することになり、150万件を超えるほどのドメインが登録されていることがわかっています。
対策キーワードを日本語ドメインで運用するようになれば、ピュニコードという文字の変換方式も意識します。現在は日本語ドメイン名で漢字やひらがなを始め、カタカナやそのほかの記号など一部の全角記号の使用できるようになっています。
しかし、SEO対策世界中でたくさんの人が利用しているインターネット上では日本語ドメインをそのまま使うことは不可能です。ピュニコードは日本語の文字列を英数字やハイフンだけの文字列に変換することが必要となります。日本語表記やピュニコードに変換したものは、見た目は違いますがドメインは同じものです。

一般的に使用されている多くのブラウザは日本語ドメインで対応しているので、閲覧したときにピュニコードを意識することがありません。しかし運用していく中で、これにまつわる注意点を知っておく必要もあり文字列も変換されることは知っておきます。ドメインに日本語のシェアを入れることで大きなメリットは、閲覧者から注目してもらいやすくなることでメールアドレスにも使用できます。
SEO対策英数字を使用しているドメインなどの表記もありますが、日本語を使用している方が視認性が高いとされていて、大きなインパクトを与えることが可能です。日本人であれば、一瞬そのモバイル検索を見ただけで覚える可能性が高いです。
英数字とは違い綴りを間違えにくくなるのもメリットで、再検索やモバイル検索をしてもらうときに検索結果に表示されやすくなります。対策キーワードをアドレスバーに入力していきますが、英数字は間違える可能性もあるのであまり長いものにはしない方が良いです。
検索結果の一覧をシェアして見ているようなシチュエーションで、閲覧者がサイトを見つけやすくなりますしクリックしやすくなることもあります。すでに多くの日本語ドメインが登録されていますが、実際には英数字のドメインと比べると少ないのが現状です。

関連記事