• ホーム
  • 最近耳にする「Google砲」とは?対策はある?

最近耳にする「Google砲」とは?対策はある?

パソコンの画面とカーソル

Google砲は条件が整っているとクリアしていると考えることができ、サイトの作りがしっかりしていること・アイキャッチ画像がある・サイトの構成やディスカバー、見出しのおすすめ記事がきちんとしているということが挙げられます。
また、トレンドに沿っていたりすることも大切でGoogleにインデックスされていることも一つのポイントです。
chrome対応が完了していると優先されやすくなりますし、この他にも独自の条件や要素を満たしていることが大切になります。アイキャッチ画像をしっかりと掲載し、トレンド感があるテーマにすること・広すぎないトラフィックで、狭い領域のコンテンツを書くことも大切になります。
各ユーザーの検索履歴や行動を元にしていて、それらが興味を持ちそうな順におすすめ記事を表示することや、告知としてSNSなどを利用し短時間で閲覧が集中するような流れを作ることもポイントです。ユーザーがファビコンなどで満足度を上げることに対して、滞在時間・再訪問や離脱率も考慮していきます。
アプリ内ではクリック率を高めることでポイントが上がりますが、トレンドに沿ったタイトルでアイキャッチ画像などをしっかり考慮していることも大切です。ディスカバーやテーマはわかりやすいもので、ドラマやスポーツ・旅行やゲーム・ニュース関連などがよく挙げられます。
ファビコンのアプリでSEO対策として、Google砲はアクセスが一気に集中しますが同時に接続数の基準も多いです。この時サーバダウンすれば、機会損失となるので気をつける必要があります。
ユーザー行動や内容がわからないことで確認をする必要がありますし、被リンク・エンゲージメントも獲得できなくなります。トレンド系のサイトではアクセスサーバダウン率が高くリスクもあるので、Google砲を継続して意識する場合は契約プランの確認をして基準を変えます。短期的にchromeやアクセスユーザーが流入する記事であれば、それなりの文字数も必要になってきます。
数千文字ほどのコンテンツを書く傾向が高まりますが、それでも条件を満たすと問題がないと言われます。Google砲を受けている記事は効果が上がっていることも多く、アクセスを流している記事も影響を受けやすいです。基本的にこれは独立したものではなく、そのほかの媒体で大量の露出をしているトラフィックで起こりやすい傾向があるので対策となります。

関連記事
サイト内検索