• ホーム
  • 被リンクのSEO効果は今も健在

被リンクのSEO効果は今も健在

自然な被リンクが多いことでGoogleに評価されるので、SEO効果を見込めるようになり効率も良くなります。自分が作成している独自コンテンツに対して、ユーザーが役に立つコンテンツだと共感することができれば、被リンクを参照してくれるようになるという状態になる可能性があります、自然な被リンクをたくさん獲得することで、さらにSEO効果を高めることが可能です。
このような役に立つ被リンクだけが増える訳ではなく、例を挙げるとある程度長い期間でサイトを運用しているとします。これによって海外のスパムリンクや無料でSNSでシェアされ、自分から検索サービスに登録したことで低品質な被リンクも増えていきます。
このような低品質な被リンクが増えることで、被リンクによってSEO効果が大きく期待できなくなります。評価指標が伸び悩んでいるときは特に、独自のコンテンツについている低品質な被リンクを見直す必要があります。自然な被リンクの割合が多くなるようにし、対策を取ることでアルゴリズムにて判別され評価を高くしてくれるケースも存在します。

全ての被リンクが対象となるケースはないので自分で選別していくことが、被リンク元のポイントになります。このような被リンク元をより増やすために、閲覧者へ役に立つ高品質なページを作成することが基本です。この作成したページをSNSでシェアして宣伝をすることで、自然な被リンクを獲得することが促されます。
SEO対策を進めていく上で、これはとても重要なことで評価指標にも影響されていきます。これらを踏まえた上で、被リンクのSEO効果を中心に初めての人でも利用できるように独自のコンテンツを作成します。
外部サイトから自分のサイトに向けたリンクのことを指していて、作成したコンテンツが他のブログで紹介されていてそれが参照されると、それが被リンクになります。これはSEOの観点から見てもとても重要な要素になり、検索順位を上げるためにも大きなポイントになっています。検索エンジンで昨日するのは、どのサイトのコンテンツが重要で多くの人の役に立つかを判断しています。

被リンクを増やし続けることで、それと比例するかのようにSEO効果が高まっていきます。基本的に作成された独自コンテンツはSNSを駆使して幅広く宣伝、シェアしながら多くの自然な被リンクを獲得します。対策を進めていく上で、上位表示を目指していく指標になっています。

関連記事