• ホーム
  • 記事のターゲット設定をしておくメリットとは

記事のターゲット設定をしておくメリットとは

今までのマーケティングでは、20代独身女性や男子大学生というような、年齢・性別や属性などターゲットユーザーを大きく決めて設定していました。最近はライフスタイルも多様になり、このようなターゲット設定だけでは顧客へのニーズが合わなくなっています。

ターゲット設定では、その根底にある価値観・行動範囲や特性などを把握することも難しいです。ここでよく言われるのがペルソナマーケティングで、ペルソナ設定は一人の架空人物像を想定しプロフィールに対して、趣味・思考や価値観・行動パターンまでターゲット設定します。20代未婚女性に向けて化粧品の開発するよりは、この人物像であるペルソナに向けた化粧品を開発をするという方がストーリーを作りやすく商品アイデアを絞ることができます。
20代未婚女性でも美白に興味がある人や、アンチエイジングに力を入れ始めている人などがいるからです。プロジェクトメンバーの間でターゲット設定をし、人物像でストーリーを作っていきます。
曖昧なターゲットであればターゲットが人によってバラバラになり、話がまとまりにくくなり成約も難しくなります。

ライティングはペルソナを作成して、ターゲット設定をすることでコンバージョンの中でターゲットのずれや認識の違いを防ぐ効果があります。アフィリエイトの視点から見ても意思決定ができるようにありますし、ターゲットを絞っているので顧客や作っている人の好み都合で内容がぶれにくくなります。ターゲットユーザーにコンバージョンを置いて、議論や意思決定ができるようになっています。

アフィリエイトでライティングのアプローチをしていくことで、コンテンツの作成もしやすくなりますしターゲットを絞ることも可能です。コンテンツは結果や人物が成約しやすくなり、ターゲットに効果的なメッセージを伝えることができます。行動パターンを元にしているので、情報発信方法も伝わる方法で進めていくことが一般的です。
ライティングを作成するときもペルソナ設定が基本となり、詳細に設定していくことは時間がかかる可能性もあります。その第一歩としてはツールなどを使うこともでき、定期的にメンテナンスも必要とします。見直しをコンスタントに行うことで、修正する箇所がわかりますし実際のターゲット像へ近づけることも難しくありません。
人物像は自分がなりきって作ることもできますが、女性が男性の人物像を作ることは感性の違いもあり限界があります。

関連記事